▼空の旅を快適に提供・案内してくれるCA

キャビンアテンダント

キャビンアテンダント

10時間以上のフライトとなれば実質上10時間の勤務となってしまい披露も蓄積する。
CAは常に働いているわけではなく、長距離となる場合の業務は交代制となっており仕事を行わないものは
国際線の長い路線だと、交替で休憩を取ります。大きな飛行機だと、クルーバンクと言われる小部屋があり、そこで仮眠することができます。

秘密の扉を通って仮眠室へ行ける

「ボーイング787 ドリームライナー」では

「ボーイング787 ドリームライナー」では

パイロットは操縦席の後ろのほう(機種によってはない)。CAは垂直尾翼の付け根のところに部屋があります。
そういう部屋のことをクルーバンクといいますが、実は場所は秘密なんです。
とても分かりにくい場所にありますが「これ、どこへ通じるドア?」 という謎の扉があるのでよーく見ると分かります。

▼長時間の運転が必要な高速バスの運転手はどこで寝てるの?

深夜に走ることも多い高速バス

深夜に走ることも多い高速バス

長距離を走行する場合は必ず2人体制で運行する高速バス。

一部のバスには運転手がゆっくりと休める仮眠室が用意されています。

なんと床下が仮眠室だった

バスの下はエンジンや荷物を入れるエリアだと思われていたが、実はこのようにベッドが備え付けられている場合もある。
頭をぶつけてしまいそうな高さの空間だが、寝具以外に消火器や受話器が備え付けられており、単に荷室に布団を敷いただけではなく、仮眠室として設えられている。
快適そう

快適そう

以前は、一回外に出ないと運転席までいけないものも多かったのですが、最近ではそこも改善され、車を停めずに運転席に行けるようになっているものも。

▼長時間運転が基本のトラック運転手

大型トラック

大型トラック

トラック運転手は全国各地を走り、様々なものを運搬し、日本の経済を支えている大事な仕事といっても過言ではありません。
長距離を長時間運転することで慢性的に疲労が蓄積し、過労になる危険性があるので注意が必要です。

なんと誰もが見たことあるあの部分で寝てる!?

空気抵抗を減らすためのパーツかと思いきや、中には人が横になるためのスペースが。
カプセルホテルのような構造になっていることで主に長距離・大型といったトラックのドライバーが横になって休憩を取ることができるようになっているもの。
冷暖房完備でコンセントも付いているのでスマホの充電も可能です。
通常の平ボディトラックなどではルーフは平らになっていることが多いのですが、このトラックのルーフにもいろいろな種類のものがあります。

▼一度宇宙へ行くとしばらく帰ってこれない宇宙飛行士

アノ無重力の中、どうやって休憩する!?

アノ無重力の中、どうやって休憩する!?

宇宙飛行士の仕事は、宇宙へ の建設資材の運搬、ステーションの組み立てが中心となります。
現在、1、2週間ほどの宇宙滞在が一般的。

その間はどうやって睡眠をとるのでしょうか?

専用の寝袋

専用の寝袋

無重量の世界では上下の区別がありませんから、宇宙飛行士はどこでもどんな向きでも寝ることができます。

出典:睡眠

無重量状態では体が浮き上がってしまうため、留め具で体を固定してから、眠りにつきます。
空調ファンの音や機械音でねむれない宇宙飛行士のために、睡眠用のアイマスクや耳せんなども用意されています。

出典:睡眠

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!

Twitterでウェブオピをフォローしよう!

関連する記事

【Netflix】自分で物語を選択できる映画が話題! 「はまりそう…」「これすごい!…

自分で物語を選択できる映画があるって知っていますか?

GEN / 2650 view

飲食店の備え付けお漬物を直接口に入れる大学生の動画が炎上

飲食店の備え付けお漬物を直接口に入れる大学生の動画に反響が集まっています。

TONE / 5572 view

【スペイン】 「ペットの散歩以外での外出禁止」小さな魚を散歩させた男性逮捕

新型コロナウイルスの感染拡大でスペインでは「ペットの散歩以外での外出は禁止」をされているそうなんですが、あの…

GEN / 1028 view

関連するキーワード