千葉市の公園で猫の虐待相次ぐ エアガンで狙撃か

千葉市内の公園でボランティア団体が去勢手術などを行ったうえで餌やりなどの世話を行っている「地域猫」を狙う虐待事件が相次いでいる。
昨年1月から今年1月までの1年間に3カ所の公園で少なくとも計30匹のネコが不審なけがをしたり、突然行方不明になったり、死んでいることが判明した。
一部のネコの体内からは撃ち込まれた鉛弾のようなものが見つかり、ボランティア団体のメンバーは悪質な動物愛護法違反事件として、公園管理事務所や警察に相談している。
「千葉港湾地域猫の会」の斉藤直子さん(51)は「危険なものを使って、多くの人が遊ぶ身近な公園でネコの虐待が多発しているのはショックだ。利用者も不審な人を見かけたら、警察などに通報してほしい」と訴えている。

▼記事全文はこちら

▼関連記事

ネットの反応

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!

Twitterでウェブオピをフォローしよう!

関連する記事

「加害側の言い分をうのみにした」いじめの被害者に謝罪させる… 市教委「重大事態」に認…

兵庫県尼崎市立尼崎高校で水泳部に所属する2年生の女子生徒(17)が他の部員からいじめを受けて不登校になってい…

TONE / 760 view

知らないと損することづくし・・・!4月から変わる働き方について

今まで大企業を中心に適応されていた「働き方改革法」が中小企業にも適用に。何が変わったのかについてまとめました…

GEN / 1273 view

【怖い】急増する「社内ストーカー」の深刻な実態… 退勤後の電話や執拗なアプローチなど

急増している社内ストーカー。深刻化しているその実態とは? これ怖い‥急増する「社内ストーカー」の深刻な実態

そんたん / 3975 view

関連するキーワード