「進ぬ!電波少年」(日本テレビ系)をはじめ、かつては民放キー局の番組にもしばしば出演していた矢部。2007年3月には気象予報士の資格を取得し、活動の幅を広げていたが、近年は全国放送のテレビ番組ではあまりお目にかからなくなってきた。

矢部は、“リアル”な月収として、先々月、先月、今月の月収について「65万円、47万円、45万円」と告白。相方とは“格差”があるものの、それでもお笑い芸人としては安定して稼いでいるほうだと言える。

城咲仁

城咲仁は、ホストから芸能界に転身して一時代を気づき上げました。現在は、フードアドバイザーなどの肩書で活動しています。現在の年収は1000万円くらいとのことで、ホスト時代よりは下がっていますが、一般的には十分に稼いでいるといえます。テレビショッピングではMCとしても活躍している城咲仁。彼が登場する回には、1日の売り上げが1億円を超えることもあるとか。

さとう珠緒

元祖ブリッコタレントとしてブレイクしたさとう珠緒さん。
バラエティ番組などに出演していましたが、ここ最近はすっかり見なくなりあの人は今状態になっています。
しかし、現在も以前ほどではありませんが、バラエティや情報番組などに出演しているようです。
さて、元気で明るいイメージが強かったさとう珠緒さんですが、ここ近年実は以前脳梗塞を患っていたことが判明。
しかも、痴呆症になる寸前だったと言われています。
さらに、調べていると脳梗塞の原因となったのは過去に受けた美容整形事件が関係しているとの噂があるようです。

高岡蒼甫

高岡は人気俳優である一方、繁華街で名の通ったアウトロー集団との付き合いも取り沙汰される不良っぽいライフスタイルや、酒癖の悪さが知られていた。2007年に結婚した人気女優、宮崎あおいとは約4年で離婚。その際に宮崎とV6・岡田准一の不倫を暴露したり、フジテレビ批判発言など波紋を呼ぶ言動も多く、大手所属事務所を離れて以降は仕事も減っていた。ただ、高岡と仕事経験のある演出家からは「骨のある男で演技力も高い。ヤンチャな性格さえ落ち着けば、大成する」と役者としての高評価もある。

石田純一

「受け答えの反応も良いし、コメントも秀逸。スタッフ受けも良かったし、バラエティー番組で何か困ったことがあったら石田さんにお願いすればという人は少なくなかった。でも、あの一件以来、仲の良かったプロデューサーや目を掛けてもらったスポンサーから一線引かれたって感じですね」(あるテレビ局関係者)

「結局、テレビマンに残った印象は、次回も選挙があればまた、同じことをやるのではという恐怖感です」と前出のテレビ局関係者。近いうちに大きな選挙があるわけではないが、なかなか新たな番組のオファーを出しづらいというのが実情のようだ。

市原隼人

2014年にモデルでタレントの向山志穂さんと結婚をし、現在は1児のパパとしても有名です。

ザブングル

実はザブングルの加藤氏はもはや世界的な有名人になってるんですよね。
彼の「悔しいです」の表情は2011年ごろから欧米でも急速に拡散されて、海外では「インポシブル・ガイ(Impossibru Guy)」としてインターネット上での存在感は伝説的なものとなったのです。欧米では彼のコラ画像は今でも増えていて、その人気は今でも健在というから驚きです。

眞鍋かをり

「出産してから、彼女は2か月半でテレビ収録に臨んでいます。強行スケジュールから芸能界復帰への意気込みは伝わってきますが、裏目に出てしまったのかも。イベントに出席しても報道陣はガラガラ、ブログも週に1回程度の更新で生活の疲れがみえてしまっている。ママタレに必要な“キラキラ感”がまるでない」

 現在、目立つ仕事といえば『日経デュアル』で開始した連載『眞鍋かをり サンカクなきもち』も更新頻度は月に1回。内容は「おっぱい量の足りない自分を責めた」「着ているのは常に部屋着」で「メンタルはボロボロ」。地味で酷な生活ぶりが綴られており、読んでいて心配になってしまうほどだ。かつて“ブログの女王”として名を馳せた面影がまるでないのだ。

ユースケ・サンタマリア

お茶らけて見えるユースケサンタマリアですが、実は真面目に仕事にうちこむ性格があるのではないでしょうか。これまでは、パブリックイメージもあって、「鬱」であることを明かせなかったユースケサンタマリア。

鬱であることを明かせないことが、8年間も長期化してしまった一因だったと自身でも語っているだけに、事実を明らかにしたことで、精神的な負担を少しは減らすことができたはず。不惑の40を過ぎて、今までのような軽妙なキャラクターだけでなく、深みのある渋い役どころも見てみたいと期待しています。

永野

2日放送の「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)で、お笑い芸人の永野が番組企画にマジギレする一幕があった。

番組では、ニセ情報で芸能人を呼び出し、落とし穴に落とすドッキリ企画「全落九十九里クラシック」の後編を放送した。ゴルフを模したこの企画は、出演者たちを騙して落とし穴に落とし、その落ちっぷりの見事さを競わせるものだ。

別室でドッキリを見る石橋貴明は永野に対し、「豪快なイーグルが出るかもしれない」と期待をのぞかせた。しかし、企画が始まり穴に落ちた永野は、駆け寄る木梨憲武を不機嫌そうににらみつけ「気持ちワル」「なんすかコレ?意味がわかんないんですけど」と訴え始めた。

また、木梨が「怒ってんの?」とたずねると、永野は憤慨した様子で「ちょっと怒ってます。ナメられてるなって」と返答した。石橋が音声で「キレてるの?」と尋ねると、永野は低いテンションのまま「キレてるっていうか、何なんすか?」と眉をひそめた。

世界のナベアツ

エンタの神様が全盛だった時代に、一世を風靡したお笑い芸人「世界のナベアツ」。当時は漫才コンビ「ジャリズム」として活動していましたが、今は、落語家・桂三度として新たな道を歩んでいます。

 もともと放送作家としても活躍していたナベアツは、多才であるとも言えますが、一時期のテレビでの売れ方は明らかに「一発屋芸人」のそれで、それはもう、一発屋臭がプンプンしていました。しかし、放送作家としての実績もあったため、そのような扱いを受けてはいなかったようですが。

キングコング梶原

やはり生活保護問題でしょうね。
世間的にもかなり話題になりました。

次長課長の河本準一さんの親族が生活保護を受給していたことが発覚し、謝罪会見を開くこととなった事件。河本準一が干されたワケは生活保護!嫁画像や子供は私立?現在は病気!
その後に発覚した梶原さんの母親も受給していたという事実に、出演のオファーは入らなくなったそうです。

米良美一

さらに、2015年3月に退院し、自宅療養に移ったが、一人で歩けないほど体力は落ちていたのだという。復帰を目指して、歌のレッスンに励んでいたという米良だったが「ちょっとでも歌うために息を吸うと、(頭が)グラングランするんですよ」と、当時を振り返った。

大病を患い、復帰も遂げた米良は「性格は良くなったと思います」と明かして笑いを誘った。堀尾正明アナウンサーが「前は(性格が)悪かったんですか?」と質問すると、米良は「正直悪いところもいっぱいありました」「オレ様は、みたいこともあった」と、くも膜下出血で倒れる前の自分を振り返っていた。

島崎俊郎

1955年生まれ。京都府出身。1979年にお笑いトリオ・ヒップアップを結成。漫才ブームの後半から頭角をあらわし、『オレたちひょうきん族』のアダモちゃん役が大きな反響を呼ぶ。『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』にレギュラー出演し、様々な危険な企画に挑戦。以後、主にリポーター業を得意とし、最近は舞台、ドラマ、音楽活動とマルチな活動を続けている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!

Twitterでウェブオピをフォローしよう!

関連する記事

唐田えりかと“噂の20代イケメン彼氏”は俳優・瀬戸康史?あの投稿は匂わせ?と噂ひろが…

唐田えりかさんが東出昌大さんと不倫関係の間に、”別カレ”がいたことが判明。”20代イケメン俳優”と言われ、ネ…

ピクルス / 4666 view

今泉佑唯、雪に飛び込む1秒前ショットに「雪山に妖精が・・!」「角度がすごい」

女優でタレントの今泉佑唯さんが3月22日、自身のTwitterに雪に飛び込む写真を公開し話題です!

りんごちゃん / 555 view

杏ちゃんがどうしてまた辛い思いをしなくちゃならないんだ… 杏さんが経験した苦労に「本…

渡辺謙の病気がきっかけで宗教にハマり2億の借金抱えた母親のために高校中退して仕事を始め借金を肩代わりし、実の…

そんたん / 10828 view

関連するキーワード