新型肺炎患者の遺体解剖で重要な発見か、ウイルスが免疫系統に損傷与える可能性―中国メディア

26日、科技日報は、新型コロナウイルスによる肺炎で死亡した患者の遺体を解剖したところ、ウイルスが免疫系統に損傷を与えていた可能性があることが確認されたと報じた。
華中科技大学同済医学院法医学部教授で湖北省司法鑑定協会会長の劉良(リウ・リアン)氏らのチームが今月16~24日に新型肺炎で死亡した9人の遺体の病理解剖を行ったと紹介。
9体の遺体は最年少が52歳、最年長が80歳でほとんどが60歳以上となっており、性別比に大きな差はないとしている。
遺体の肺の切片を観察したところ、ウイルスにより肺胞の機能が損傷すると、気道が粘液で満たされて閉塞し、酸欠状態を引き起こす可能性があることを発見。

治療するうえでこの酸欠状態を改善する必要があると述べた。

▼記事全文はこちら

ネットの反応

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!

Twitterでウェブオピをフォローしよう!

関連する記事

【大幅向上】金委員長、訓練に「大満足」 飛翔体の発射間隔を20秒まで短縮

北朝鮮の朝鮮中央通信は3日、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が2日に朝鮮人民軍の「前線長距離砲兵区…

TONE / 1961 view

東京五輪延期、1ヵ月めどに判断 最終決定権はIOC

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、東京五輪を予定通り開催するかどうか、1カ月をめどに判断する方向で検討する…

TONE / 1323 view

【衝撃】発作で倒れた男性、飼い犬に噛み殺される

英北西部グレーターマンチェスター在住の35歳の男性が、飼っていたアメリカン・ピット・ブル・テリアに何度も噛ま…

TONE / 9152 view

外出禁止10日目のイタリア人の姿にネット騒然「狂ってるww」「別の病にかかる一歩手前…

「新型コロナ」の感染拡大の対策として、イタリアでは“外出禁止令”が出ており、ネットに続々と投稿される隔離生活…

GEN / 10470 view