「エコ」な新スタジアムのはずが...ごみ箱あふれレジ袋散乱 遠い「プラごみゼロ」分別も徹底されず

市はプラごみゼロを目指す「エコスタジアム」としてアピールするものの、レジ袋に入ったごみが散乱し、グッズ売り場ではプラスチック製レジ袋が無償提供されていた。
21日開会の3月議会に提案する全国初のプラ製レジ袋提供禁止条例案もその一環で、市はスタジアムが環境保全の象徴となるよう、府に要望している。
しかし、サッカーJリーグ・京都サンガFC対セレッソ大阪の練習試合があった当日は、「エコ」とは言い難い状態だった。

来場者や入手した画像によると、ごみ箱はあふれ、レジ袋や紙コップなどが散乱。分別も徹底されていなかった。

▼記事全文はこちら

ネットの反応

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!

Twitterでウェブオピをフォローしよう!

関連する記事

東京五輪延期検討「TOKYO2020」のロゴ商品が無駄になる可能性 影響は甚大

国際オリンピック委員会(IOC)が新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京五輪・パラリンピックについて延期を…

隼総 / 522 view

「移動時のリスクが高い」なでしこジャパン川澄奈穂美選手、聖火リレー辞退

26日に始まる予定の東京オリンピック聖火リレーで、第1走者を務める日本代表「なでしこジャパン」の、川澄奈穂選…

隼総 / 457 view

甲子園センバツ、無観客試合の可能性 開会式は取りやめか

新型コロナウイルス感染拡大を受け、第92回選抜高校野球大会(3月19日開幕、甲子園)が無観客で実施される可能…

隼総 / 551 view

アクセスランキング

人気のある記事ランキング