新型肺炎「コロナウイルス」=「2019-nCoV」

【AFP=時事】中国中部・武漢(Wuhan)の市場で発生し、世界中に拡散している新型コロナウイルス。
最初の「新型コロナウイルス」の患者は2019年12月8日に発見されていたようです。

日本国内で感染者の報告があったのは2020年で、ニュースになったのも2020年1月。
今回の「新型コロナウイルス」にはまだ正式な名前はつけられていませんが、世界保健機関(WHO)によって「2019-nCoV」と呼ばれています。
コロナウイルス

コロナウイルス

一本鎖RNAウイルスのニドウイルス目のコロナウイルス科のウイルスをさし、コロナウイルス亜科、トロウイルス亜科を含む。 エンベロープ表面に存在する突起によって太陽のコロナのような外観を持つことからこの名が付いた。 ウイルスの増殖は細胞質内で行われ、小胞体やゴルジ装置から出芽する。
科: コロナウイルス科
群: 第4群(1本鎖RNA +鎖)
目: ニドウイルス目
代表種: MERSコロナウイルス、 SARSコロナウイルス

コロナウイルスは約800人が亡くなったSARZと同じ病原体

問題の新型コロナウイルスは、17年前に東南アジアの国々で猛威を振るった「SARS」(サーズ=重症急性呼吸器症候群)の病原体ウイルスの仲間
SARSでは29の国と地域に感染があっと言う間に拡大し、少なくとも約800人が死亡した。
武漢の新型コロナウイルスについて、アメリカなどの研究者が遺伝子の配列を分析したところ、「SARSと同じベータコロナウイルスの一種だ」とする見解を公表。
ヨーロッパの疾病対策センターも「SARSのウイルスと似ている」という見解を発表し、イギリスの研究者は「SARSのもととなったとみられるコウモリの持つウイルスと遺伝子配列の89%が一致している」と説明している。

中国の情報操作も懸念されている

SARSの場合、感染源地域は中国南部とみられた。

しかし、中国政府の初動は鈍く、おまけに何カ月も感染者の発生の情報を出さない「情報隠し」や「情報操作」が行われ、東アジアの国々に感染が拡がり、大きな被害が出た。
このため、今回の新型コロナウイルスの感染でも中国政府の隠蔽体質が指摘されている。
イギリス「インペリアル・カレッジ・ロンドン」の研究チームは、昨年12月から今年1月12日までの武漢市内の感染者の人数について「1723人」と推計。

武漢市政府の発表の「45人」「62人」「198人」とは桁違いである。

沙鴎一歩はこの研究チームの推計のほうが正しいと思う。
つまり、中国側の発表よりもずっと多くの感染者や患者が存在している可能性が高い。

どんな症状なのか

WHO=世界保健機関などによりますと
今回の新型コロナウイルスに感染し、発症した際の主な症状は

▽発熱
▽せき
▽息苦しさなど呼吸器症状
▽筋肉痛やけん怠感

重症化した場合

▽肺炎や呼吸困難を引き起こす
▽腎臓の機能が低下
症状の重さについてWHOはほとんどの人は軽い症状ですが、およそ20%で重症化するとみられるとしています。

・潜伏期間 最短1日 最長14日

感染してから症状が出るまでの潜伏期間について、中国の保健当局は比較的、症状が軽い患者ではおよそ10日前後で、最も短いと1日、最長で14日だとしています。

・死亡した患者は免疫低下させる持病の人多い

患者の年齢については、WHOによりますと、これまでのところ主に成人だということですが、小さな子どもから高齢者まで幅広い世代で患者が報告されているということです。

WHOなどによりますと死亡した患者は高血圧や糖尿病、それに心臓や血管の病気といった免疫を低下させるような持病があった人が多かったということです。

・ワクチンや特効薬なく対症療法

人の間でたびたび感染が広がっていたこれまでの「コロナウイルス」とは違うため、すでに感染した人以外は誰もこのウイルスに対する免疫を持っていないと考えられています。

新型コロナウイルスに対しては、インフルエンザのようにワクチンや特効薬はありません。このため発症した場合、症状に応じた治療、いわゆる対症療法が行われます。

呼吸困難には酸素吸入、重い場合は人工呼吸器を付けたりするほか、脱水などで点滴を行ったり、細菌が感染して肺炎が悪化するのを防ぐため、抗生物質を投与したりと、症状に合わせてさまざまな治療を組み合わせて対処します。

国立感染症研究所によりますと、こうした治療を行っている間に、患者自身が免疫を獲得し、ウイルスが排出されるのを待つということです。

新型コロナ いつ日本で発見された?

日本で初めて発生・発見されたのは2020年1月6日ごろ。
感染者の男性は1月3日に武漢に滞在していましたが、1月6日に日本に帰国。

その後発熱があったため医療機関で受診したところ「新型コロナウイルス」の感染が発覚
1月3日の時点で発熱があったとのことなので、武漢で感染したものと思われます。
1月10日に入院し15日にすでに退院しているとのことです。

その後の日本での感染者について(1月30日現在)

「新型コロナウイルスに感染した感染症の患者の発生が国内で確認されたのは、8例目です」(厚労省の会見)
大阪市内に住む40代の外国籍のツアーガイドの女性です。
女性は中国・武漢への渡航歴はないということですが、今月12日から17日にかけ、ウイルスの感染が確認された奈良県に住むバス運転手と同じバスに、ツアーガイドとして乗車していた
女性は現在も入院中ですが、快方に向かっているということです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!

Twitterでウェブオピをフォローしよう!

関連する記事

WHO「世界的大流行」は否定 「パンデミックとなる可能性は絶対にある」と回答 どうい…

テドロス事務局長は24日の記者会見で、イタリアやイラン、韓国などで感染が急増していることについて「深く懸念し…

TONE / 430 view

マスクで耳を負傷する医療者のため「イヤーガード」のデータを共有した少年 ネットで称賛…

マスクが欠かせない医療現場で働く人のために、少年が3Dプリンターで作れる「イヤーガード」のデータを共有し話題…

GEN / 1776 view

街頭でマスクを無料配布する女性 その理由は…「嬉しいし感動した・・」「素直に受け取れ…

街頭でマスクを無料配布する女性。その内容に様々な反響が集まっています。

GEN / 1903 view

【フィリピン】220組の集団結婚式でマスクをつけて誓いのキス

フィリピン・バコロド市で、毎年恒例の集団結婚式が開催され、220組のカップルがマスクをつけて参加した。

隼総 / 528 view

「日本でも手に入らないのに…」マスクや除菌シートなど40トンを中国へ緊急支援

マスクや防護服、除菌シートなど緊急支援物資を約40トンが輸送され、話題です。

隼総 / 10414 view

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のある記事ランキング