新型肺炎 受け入れ病床確保課題 道内94床、スタッフも不足 専門家「重症優先に転換を」

新型コロナウイルスの感染が道内全域に広がる中、重症者を治療できる専門的な「感染症病床」や、医療従事者の確保が課題になっている。
厚生労働省などは、感染症に対応できる病床を増やすよう呼びかけているが、医療機関の多くは「新たな増床は難しい」と困惑
「現時点は全員入院できているが、今後増えていくと対応できない可能性がある」

札幌市保健福祉局の担当者は24日の記者会見で、危機感をにじませた。

▼記事全文はこちら

ネットの反応

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!

Twitterでウェブオピをフォローしよう!

関連する記事

日本医師会「緊急事態宣言出して」 爆発的な感染拡大、医療崩壊を懸念

型コロナウイルスの感染が急増していることを受け、日本医師会は「緊急事態宣言を出していただき、それに基づいて対…

TONE / 1415 view

【コロナと戦え】京大ウイルス専門家の“生き残るためのコロナ情報” 新型コロナウイルス…

新型コロナウイルスの感染対策で「2mの距離を取る」「3密を避ける」ように呼びかけられていますが、それを超える…

しのぶ / 1869 view

「日に日に進化してる…!」セブンイレブンのコロナ対策がすごい

新型コロナウイルスの感染対策で、とあるセブンイレブンの対策がすごい!とネットで話題になっています。

GEN / 2512 view

アクセスランキング

人気のある記事ランキング