理解しやすい文章を書くコツ

理解しやすい文章を書くコツ

結論を最初に書く。

タイトルとあわせて、冒頭に主張したいことを短くまとめます。

余分なつなぎ語を削る

削るべきは、「そして」。あっても読者は混乱しませんが、ない方がすっきりします。

漢字は少なく

漢字とかなの割合は3対7を目安とする

「という」を削る

一般的に「あってもなくても文意が通るなら削る」方針を貫きましょう。

テーマの補足を書く

「何について語っているのか」はっきり読んだ人の頭に浮かぶように、具体的に書きます。

自分の持っているイメージに沿ってもらえるように、多少誘導的でもかまわないと思います。

目的によって文体を使い分ける

「である調」は,事実を正確,簡潔に表現するのに適した文体です。が,読者に高圧的,威圧的で押しつけがましいとの印象を与えかねません。対して,「です,ます調」は,冗長で間延びした印象がある反面,読み手が親近感を持つ表現であることから,読み手の動機づけ,共感を得るのに適しています。

具体的なエピソードを書く

主に、どうしてその結論に至ったのかというエピソードを挙げます。

スラスラ読める文章を書くコツ

スラスラ読める文章を書くコツ

しゃべるように書く

貴方はおしゃべりな人ですか?寡黙な人ですか?文からは音はしませんが、読みやすい文章というのは非常に雄弁です。文の勢いから筆者の声が聞こえるようなのです。

PREP法

POINT(導入結論):○○に関しての結論は○○
REASON(理由):なぜならば○○だから
EXAMPLE(具体例):具体的には○○
POINT(最終結論):よって○○の結論は○○となる

起・承・転・結を作る

日記文で無い限りは、読者に対するサービスをしなければなりません。四コマ漫画を想像して下さい。「オチ」の無い漫画はつまらないものです。「オチ」の無い文章もつまらないのです。

ひらがな、カタカナ、漢字の変換、句読点の挿入

漢字をあえて平仮名にする事も、読みやすい文章を書く上で有効だ。全体の雰囲気を考えて、平仮名を片仮名にしてみるのもいい。

同じ言葉を繰り返さない

語尾に同じ言葉を続けて持ってくると、大変単調な文章に仕上がりますね。これは意外と多い例です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!

Twitterでウェブオピをフォローしよう!

関連する記事

「これ以上店員に当たらないで…」理不尽に怒鳴られたスーパーの店員さんが退職…

とあるスーパーでお客さんいに理不尽に怒鳴られたパートさんが退職し、そのツイートがネットで反響を集めています。

そんたん / 6873 view

【新型コロナ】横浜市 小中高校の一斉臨時休校延長

横浜市教育委員会は9日、新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的に実施している市立小中学校、高校の一斉臨時休校…

TONE / 1622 view

【マスク転売禁止】1回の転売、利益1円でも罪「買い占めの規制もしてほしいんだけど…」…

マスクの不正転売を罰則付きで禁止する政令が閣議決定された。国民生活安定緊急措置法に基づく措置であり、3月11…

TONE / 1711 view

マスクに続きアルコール消毒液まで・・・「買い占め控えて」呼びかけ

新型コロナウイルスの感染拡大で、アルコール消毒液の需要が急激に伸び、各地で品薄状態が続いている。

TONE / 1957 view

関連するキーワード