医療機関たらい回しも 疑い受診、断られ―「検査基準あいまい」・新型肺炎

感染が拡大している新型コロナウイルスをめぐり、医療機関に診察を断られる「たらい回し」とも言える事態が生じている。
市中感染が疑われる患者も出始めているが、ウイルス検査の要件が厳しく、すぐに受けられない人も。
関係者は「検査基準があいまいで、医療現場も混乱している」と指摘する。
NPO法人医療ガバナンス研究所理事長で内科医の上昌広さんによると、感染が疑われるが軽症で検査できない人が連日のように訪れている。

上さんは「重症でなければ検査できないという基準はおかしい。政府は患者の不安に応える視点が欠如している」と批判した。

▼記事全文はこちら

ネットの反応

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!

Twitterでウェブオピをフォローしよう!

関連する記事

【政府方針】3.11 東日本大震災追悼式を中止へ

政府は3日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、3月11日に国立劇場(東京都千代田区)で開催を予定している政…

TONE / 955 view

【怖い】急増する「社内ストーカー」の深刻な実態… 退勤後の電話や執拗なアプローチなど

急増している社内ストーカー。深刻化しているその実態とは? これ怖い‥急増する「社内ストーカー」の深刻な実態

そんたん / 11804 view

19歳の実の娘に性的暴行をした父親  逆転有罪で懲役10年

2017年に愛知県で当時19歳の実の娘に性的暴行をしたとして、準強制性交等罪に問われた男性被告(50)を無罪…

TONE / 1332 view

テレワークでも押印のために出社… 根強い「ハンコ文化」に疑問の声

新型コロナウイルスの影響で在宅ワークが増えている中、押印のために出社しなければいかない現状が改めて問題視され…

そんたん / 2514 view