豊かな生活の代償として、汚れていく都内の河川

都内の河川は1960年代頃から工業排水によって大きく汚染され、1970年代からは水質汚染への問題意識が高まりました。

都内では現在、生活排水の下水と雨水を1本の管で下水処理場に送る「合流式下水道」を使っています。

通常時は大きな問題が無いのですが、大雨が降った場合には下水管の処理能力を超えてパンク状態になってしまい、処理されないままの生活排水が河川に流れ込んでしまうのです。

そのまま東京湾へ河川が流れ込んでしまうことで、大腸菌やO-157によるパンデミックの発生も危惧されています。

最近はゲリラ豪雨なども多く、とても心配ですよね。

環境保護に画期的発明!「水面制御装置」

そんな中、東京都下水道局と東京都下水道サービス株式会社、そして日本工営株式会社が共同開発した「水面制御装置」が動画で公開され話題になっています。

東京都下水道局が直接投稿した装置の様子が、こちらです。

それほど難解な機構などを使っているようには見えないのに、ガイドウォールや水面制御盤を組み立てていくだけで、流れが劇的に変化しています!

こんなことを考え付くなんて、やっぱり技術者の皆さんはすごい。

Twitter上の反応

技術者の皆さんの長年の努力が、日本を支えているんですね。

政治や自治体に対しては不満の声がどうしても目立ってしまいますが、こうした絶え間ない努力の成果にもしっかりと目を向けるべきですよね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!

Twitterでウェブオピをフォローしよう!

関連する記事

「花粉症です」「喘息です」缶バッチが人気 福岡の咳トラブル以降、注文が急増

新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、電車内でせき込み、「周囲の目が気になる」という人が増えている。そんな肩…

隼総 / 2940 view

【不倫】兵庫県警 交番で性行為、警官2人を処分

交番内で不倫相手の同僚と性行為をしたとして、兵庫県警は19日、尼崎東署地域2課所属の30代男性巡査部長を減給…

隼総 / 2187 view

「国民の皆様と一丸となって」大規模なスポーツやイベント、中止か延期などを要請へ

大規模なスポーツや文化イベントについて、今後2週間程度、中止や延期、規模の縮小を求める考えを示した。

TONE / 1608 view

関連するキーワード