異例の帽子着用OK!国会も特別対応する人物

さかなクン

さかなクン

日本の魚類学者で、タレント、イラストレーター。 本名は、宮澤 正之。父は囲碁棋士の宮沢吾朗九段。東京海洋大学名誉博士、東京海洋大学客員准教授。 東京都生まれ、神奈川県綾瀬市育ち、千葉県館山市 在住。所属事務所はアナン・インターナショナル。
生年月日: 1975年8月6日 (年齢 44歳)
生まれ: 東京都
両親: 宮沢吾朗
映画: ドラえもん のび太の人魚大海戦、 COACH コーチ 40歳のフィギュアスケーター
アルバム: さかなクン!お絵かきマンボ

帽子を着用して出席することが原則禁止されている国会で、タレントのさかなクンが、ハコフグの帽子をかぶって参議院の調査会に参考人として出席
今回、ハコフグの帽子は「品位を欠くものではない」として、特別に認められたということです。
さかなクンは記者団に対し、「ギョギョっと緊張した。帽子は皮膚の一部と申し上げており、私は特殊な部類かと思うが、お認めいただき本当にありがたい。お魚にもっと興味を持ってもらいたい」と述べました。

▼その動画がこちら

さかなクン帽子姿で国会登場! プラごみ問題に熱弁(20/02/12) - YouTube

出典:YouTube

▼国会で話した内容がこちら

「さかなクン」“ハコフグ帽子”を被って国会に出席 20200212国際経済・外交に関する調査会(高画質版) - YouTube

出典:YouTube

地球温暖化の影響による水温上昇が及ぼす水産業への影響について、東京湾での変化やウニを例を挙げ、説明
「温暖化の影響と思われる水温上昇によって、今まで旬の季節が変わってきていることを感じます。また本来漁獲されるはずの魚が獲れず、獲れるはずのない魚が獲れてしまうということが起きています」
また、さかなクンは世界で問題視されている「海洋プラスチックゴミ」にも言及。
「近づくとプラスチック袋だと分かるのですが、魚やイルカや鯨、ウミガメなどは多分クラゲと間違って食べてしまうんですね。(中略)そうするとプラスチックゴミが胃袋に……やがて弱って死んでしまうことがほとんどなんだそうです」

当時の天皇陛下も認めた専門性

2010年、かつて秋田県田沢湖のみに生息し、現在は絶滅動物と思われていたクニマスの再発見、生存確認に大きく貢献した。
同12月22日には、ハゼの分類学的研究の魚類学者でもある上皇陛下が記者会見の中でさかなクンの名を挙げてクニマス再発見についてコメント
第125代天皇明仁の記者会見で、同じ魚類学者であるさかなクンらの名を挙げて「この度のクニマス発見に東京海洋大学客員准教授さかなクン始め多くの人々が関わり、協力したことをうれしく思います」と述べた。
陛下が個別の名前などをあげ、お言葉を述べられるのは異例とニュースでは伝えていた。

なんと楽器の演奏までできる・・

さかなクン、黒いスーツでスカパラに加入 『キリン氷結』 新CM - YouTube

出典:YouTube

2016年2月に放送され、話題を呼んだ缶入りチューハイ『キリン氷結』のテレビCM。
ひょうきんで天真爛漫なイメージのさかなクンがくり広げる超クールなサックスプレイに「かっこよすぎる!」とのコメントが殺到し、大きな話題となった。

勘違いから始まった楽器の演奏

ピカピカの中学1年生のときに“水槽”と“吹奏”を勘違いして吹奏楽部に入部。
それから管楽器が好きになった。
かねてからファンだったというスカパラとの共演で、さかなクンにとっても忘れられない時間となったそうだ。

温かい人間性も度々話題に

「夢中」でい続ける苦しさと楽しさ

魚が大好きだというだけでは、定職に就き、食べていくことは難しい。
それでも、さかなクンは魚以外のことは考えられない。

さかなクンは、夢中になることの素晴らしさを語りかける。
“好きなことを追いつづけるのはすばらしいです。ひょっとしたら将来の道にはつながらないかもしれません。途中でスーッと気持ちが冷めてしまうこともあるかもしれないし、まったく別の道を歩むことになるかもしれません。それでいいと思います。夢中になってひとつのことに打ちこんだという経験は、けっしてムダになりません。”
どこにもたどり着かない道かもしれない。

その道を歩いているのは一人だけかもしれない。

それでも、その道を歩くことが最高に楽しいなら、どこかにたどり着くことが目的ではなく、歩くこと自体が目的になるはず。

いじめについて

中1のとき、吹奏楽部で一緒だった友人に、だれも口をきかなくなったときがありました。

突然のことで、わけはわかりませんでした。
でも、さかなの世界と似ていました。

たとえばメジナは海の中で仲良く群れて泳いでいます。
せまい水槽に一緒に入れたら、1匹を仲間はずれにして攻撃し始めたのです。

けがしてかわいそうで、そのさかなを別の水槽に入れました。
すると残ったメジナは別の1匹をいじめ始めました。

助け出しても、また次のいじめられっ子が出てきます。
いじめっ子を水槽から出しても新たないじめっ子があらわれます。

広い海の中ならこんなことはないのに、小さな世界に閉じこめると、なぜかいじめが始まるのです。
ぼくは変わりものですが、大自然のなか、さかなに夢中になっていたらいやなことも忘れます。

大切な友だちができる時期、小さなカゴの中でだれかをいじめたり、悩んでいたりしても楽しい思い出は残りません。

外には楽しいことがたくさんあるのにもったいないですよ。
広い空の下、広い海へ出てみましょう。

ネットの反応

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!

Twitterでウェブオピをフォローしよう!

関連する記事

小泉進次郎環境相の「政治資金」と「不倫騒動」マスコミが報じない真実とは…

小泉進次郎環境相の政治資金と不倫疑惑について

Riiko / 903 view

【IR汚職事件】パチンコチェーン『ガイア』と秋元司議員の関係とは?

東京地検特捜部が東京都内にある大手パチンコチェーンの本社を家宅捜索。秋元司議員が顧問だった芸能関連会社に毎月…

シリカ / 388 view

河井案里議員 週刊誌で報じられた1億5000万円「違法性ない」とコメント

河井案里議員 週刊誌で報じられた1億5000万円「違法でない」

ピクルス / 611 view

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のある記事ランキング