「奇妙な成功」 米外交誌が日本のコロナ対策を論評

米外交誌フォーリン・ポリシー(電子版)は14日、東京発の論評記事で、日本の新型コロナウイルス感染対策はことごとく見当違いに見えるが、結果的には世界で最も死亡率を低く抑えた国の一つであり「(対応は)奇妙にもうまくいっているようだ」と伝えた。
同誌は、日本は中国からの観光客が多く、ソーシャル・ディスタンス(社会的距離)の確保も中途半端だと指摘。
感染防止に有効とされるウイルス検査率も国際社会と比べ低いが「死者数が奇跡的に少ない」と評した。
論評は「結果は敬服すべきものだ」とする一方、「単に幸運だったのか、政策が良かったのかは分からない」と述べた。

▼記事全文はこちら

ネットの反応

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!

Twitterでウェブオピをフォローしよう!

関連する記事

中国、刑務所で200人以上の新型コロナ集団感染 任城刑務所長ら8人が免職処分

新型コロナウイルスの感染拡大が続く中国で、刑務所内での集団感染が相次いで発覚した。

TONE / 456 view

「いま一番、心配しているのが日本」WHOの専門家・進藤奈邦子さん語る

「いま一番、心配しているのが日本」WHOの専門家・進藤奈邦子さん語る。

隼総 / 988 view

「若くても重症化する」基礎疾患もない女性 〝過信しないで〟と動画で訴え

新型コロナウイルスに感染し、ロンドン市内の病院に入院している39歳の女性が、ICU=集中治療室から重症化する…

隼総 / 334 view

「戦いに国境はない」中国、日本に新型コロナ1万2500人分の検査キット提供

在日中国大使館は、日本国内での新型コロナウイルスの感染拡大を受け、中国が日本に検査キットを支援したとホームペ…

TONE / 437 view

マイケル・ジャクソンは生きていた?! ブラジルで活躍する“キング・オブ・ポップ”

人類史上最も成功したエンターテイナーであり「キング・オブ・ポップ」のマイケル・ジャクソンが、実は生きていた?…

GEN / 468 view

アクセスランキング

人気のある記事ランキング