西川貴教さんが「ワイドナショー」で言いたかったこと

毎日のようにテレビで流れる新型コロナウイルスの情報。

SNSでも個人個人の思いや、現状などの投稿で溢れかえっています。

そんな中、4月5日に歌手・西川貴教さんが出演したワイドショー番組「ワイドナショー」でカットされていた部分をツイートし、話題を呼んでいます。

「COVID-19蔓延の対応の裏で、通ってしまう法案や予算が怖い」

西川貴教(@TMR15)さんが出演した「ワイドナショー」でカットされていた部分言いたかったこと。

そして、そのために何をすべきなのか。

その内容がこちらです。

Twitterのコメント

2016年からは18歳になれば投票もできるようになりました。

一人の一票が、多くの票になります。

新型コロナウイルスをきっかけに選挙へ行き、投票する人が増えて欲しいです。

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!

Twitterでウェブオピをフォローしよう!

関連する記事

関連するキーワード