▼女性芸能人たちの「事務所退社」が相次いでいる昨今

女優の剛力彩芽さんが8月31日、所属事務所「オスカープロモーション」を同日付けで退社し、独立することが、同社の公式サイトや本人のSNSを通じて発表されました。
女優の福田沙紀(29)が31日、自身のインスタグラムを更新し、オスカープロモーション退社を発表した。
元タカラジェンヌ・男役トップスターで女優の紫吹淳(51)が31日、自身のインスタグラムを更新し、オスカープロモーション退社を発表した。

▼そんな中、「史上最年少演歌歌手」として人気を博したこの人も所属事務所を退社…

10歳で史上最年少演歌歌手としてデビュー、一躍お茶の間の人気者となった、さくらまや
10歳だった08年に「大漁まつり」でデビュー。
その圧倒的な歌唱力で、「関ジャニの仕分け∞」(テレビ朝日)などのテレビでのカラオケ対決で「無敗のカラオケクイーン」でも注目を集めた。

大漁まつり さくらまや s - YouTube

出典:YouTube

▼1日には「気づけば無職に…」と、個人事務所を立ち上げた経緯を説明した

さくらまや(22)が1日、所属していたシンエイVを退社し個人事務所「さくらまやプロダクション」を立ち上げたことを発表した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!

Twitterでウェブオピをフォローしよう!

関連するキーワード