新型コロナウイルスの感染拡大でテレビ業界にも打撃

生放送のワイドショーなどは、コメンテーターのテレワーク出演などでしのいでいるが、バラエティ番組の場合どう成立させるかは難しいところ
いつになったら通常放送に戻るか、全く見通せない状況だ。

撮影中断などが相次いでいる

撮影スケジュールに影響が出ているため、4月中の放送が予定されていたバラエティー番組「オールスター感謝祭2020春」、「半沢直樹」「私の家政夫ナギサさん」「MIU404」の連続ドラマ3本を放送延期にするという。
収録形式のバラエティ番組の場合、通常は1カ月程度のストックがあるため、今のところは従来通りの形でオンエアされている。
だが、ストックが尽きてからどういう形で番組を続けていくのかは、新たに考えなくてはいけない。
『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)のように、海外ロケを中心にしたバラエティ番組は企画の根本的な変更を迫られることになる。

再放送や過去の特集番組が増えているが・・

近日中に多くの番組の制作が一旦停止し、総集編や再放送で放送枠を埋めることが多くなるだろう。
気付けば過去にどこかで見たようなドラマやバラエティー番組であふれかえっている事態に

この状況が続くとGWには・・

「STAY HOME」のスローガンの下、政府の緊急事態宣言を受け番組視聴率は、右肩上がりを続けているが、皮肉にもゴールデンウイーク(GW)明けには新たに収録した番組が0本になる可能性

倒産する会社も出てくるかも

「収録がなければ当然、制作会社にお金は出せない。当然、芸能人も仕事がないわけです。今後、中小のテレビ制作会社はバンバン倒産する。倒産した制作会社のスタッフはそのままどこか違う業種に流れてしまう」
「結果、大勢のスタッフを必要とするテレビ界はADなどを巡って恒常的な人手不足に陥ります」(芸能関係者)
「芸能プロもやばくなる。YouTuberになってお金を稼げるのは一部の芸能人だけです。7~8割以上の芸能人は食べていけない。」

『水曜日のダウンタウン』からからは悲鳴の声も

『水曜日のダウンタウン』(TBS系)で総合演出を務める藤井健太郎氏が、4月15日のツイッターで「在庫尽きました。」と書き込み、話題となっている。
水曜日のレギュラー放送後に書き込まれていることから、新型コロナウイルスの感染拡大を受けてロケができないため、放送素材が尽きたものと見られる。

マツコデラックスさんも懸念の声

タレントのマツコ・デラックスが出演する人気の散歩番組『夜の巷を徘徊する』(テレビ朝日系)。

17日深夜の放送では、新型コロナウイルスの影響でロケができず、斬新な企画が敢行された。
今回は特別版として、スタジオでグーグルマップを見ながら「妄想徘徊」を実施した。
閑散としたスタジオに入るという異例のシーンから始まった今回の放送。

スタジオに入って早々、マツコは静まり返ったスタジオを見て「あら、いいわね~終末だねこれは。終わる…終わるね何かが。テレビ終わるよ」と新型コロナウイルスの影響により大打撃を受けているテレビ業界の未来を危惧する

最悪のシナリオを想定している関係者も

「1年かかってもいい。終息すればまだ、どうにかギリギリの段階でやっていけると思います。」
「完全アウトなのは1年後もコロナが終息せず、東京五輪が完全に中止になった場合です。考えただけでも恐ろしい。まあ、その時はテレビ界や芸能界などのレベルではなく日本国の問題になってはいますが」

1日も早い終息のため、みんなで力を合わせよう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!

Twitterでウェブオピをフォローしよう!

関連する記事

エスパー伊東「一刻も早く芸人復帰したい」謎の病気で入院、収入が途絶え生活保護

そんなエスパーが今、謎の病気で立ち上がれなくなり緊急入院していたことが明らかになった。

TONE / 1170 view

元AKB48の川崎希さんへの誹謗中傷 女性2人書類送検「反感を持っていた」

警視庁原宿署は4日までに、インターネット掲示板にAKB48出身でタレントの川崎希さん(32)を誹謗中傷する投…

隼総 / 3243 view

“優等生”の化けの皮が剥がれた…「会話の9割が女性」 東出昌大の意外な一面に衝撃

落語を趣味とするインテリ俳優というクリーンなイメージで売れていたが、杏との別居が明らかになり「裏の顔」が浮き…

Riiko / 7530 view