熊の胆利用に環境団体反発 新型コロナ、中国推奨

新型コロナウイルス感染症の治療を巡り、中国の衛生当局が熊の胆が入った薬を推奨し、環境団体が反発している。
中国に比較的広く生息するツキノワグマは国際自然保護連合(IUCN)が絶滅危惧種に指定。
熊の胆を狙った密猟もあるとされ、環境団体は取引禁止などを訴える。
さらに中国では、熊を狭いおりに閉じ込め、体に穴を開けてチューブで胆汁を取る業者がいるとして国際的に問題視されている。

▼記事全文はこちら

ネットの反応

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!

Twitterでウェブオピをフォローしよう!

関連する記事

新型コロナ、空気中で数時間生存 米研究所が警告

米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)は、新型コロナウイルスのエアロゾル化に関する研究結果を明らかにした…

TONE / 1035 view

新型コロナウイルスは「パンデミック」WHOが表明 ネットでは「どこかの収束を待ってた…

世界保健機関(WHO)は11日、新型コロナウイルスの流行はパンデミック(世界的な大流行)になったとの見解を表…

TONE / 1320 view

韓国、新型コロナ感染者4212人に急増中・・ネットでは検査スピードに驚く声も

韓国政府は2日、新型コロナウイルスの感染者が新たに476人確認され、計4212人になったと発表した。

TONE / 754 view

中国「感染が長続きしますように」日米の感染拡大を祝う横断幕

中国紙、新京報(電子版)によると、遼寧省瀋陽市の飲食店が23日までに、米国や日本での新型コロナウイルスの感染…

TONE / 1195 view

「戦いに国境はない」中国、日本に新型コロナ1万2500人分の検査キット提供

在日中国大使館は、日本国内での新型コロナウイルスの感染拡大を受け、中国が日本に検査キットを支援したとホームペ…

TONE / 1010 view