五輪延期検討「まさかの事態」 ロゴ商品無駄に、影響甚大―スポンサー各社

国際オリンピック委員会(IOC)が新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京五輪・パラリンピックについて延期を含めた検討に入った。
予定通り開催されるのか不透明感が広がる中、スポンサー企業の多くは「まさかの事態だ」(製造業)と困惑する。
スポンサー契約は基本的に今年12月末まで。

半年以上延期され、来年以降の実施となれば、追加の契約料が発生する可能性がある。
「TOKYO2020」のロゴ入り商品は無駄になる恐れもあり、影響は甚大だ。

▼記事全文はこちら

ネットの反応

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!

Twitterでウェブオピをフォローしよう!

関連する記事

「移動時のリスクが高い」なでしこジャパン川澄奈穂美選手、聖火リレー辞退

26日に始まる予定の東京オリンピック聖火リレーで、第1走者を務める日本代表「なでしこジャパン」の、川澄奈穂選…

隼総 / 116 view

「すごく無責任」「なぜ待つの」選手がIOCを非難 東京五輪延期の判断先送りで

国際オリンピック委員会(IOC)が東京五輪の延期を含めて4週間以内に結論を出すと発表したことを受け、五輪金メ…

TONE / 138 view

史上初のセンバツ中止、泣き崩れる選手も・・ベンチには「甲子園まであと8日」

兵庫県西宮市の甲子園球場で19日から開催を予定していた選抜大会の中止を決めた。

隼総 / 431 view

プロ野球、3月20日の開幕延期 新型コロナの感染拡大が影響

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、プロ野球を統括する日本野球機構(NPB)とプロ野球12球団は9日、東京都…

TONE / 119 view

アクセスランキング

人気のある記事ランキング