北センチネンタル島

北センチネル島

北センチネル島

インド領アンダマン諸島中の島。インド洋東部・ベンガル湾内にあり、アンダマン諸島の南西部、南アンダマン島の西、約30kmに位置する。行政上は連邦直轄領アンダマン・ニコバル諸島南アンダマン県、ポートブレア郡に属するが、この島の先住民センチネル族は外部との接触を拒否しており、行政当局も干渉しない方針である。
この島への外部からの立ち入りは禁止されている。

先住民センチネル族は、その長い歴史の中、島外の世界との接触を一切拒否しており、近づく者は誰であれ襲撃するといわれている
近代的兵器を装備するインド海軍に対しても矢の雨を浴びせるなどして接触を断固拒否。
【1974年】
キュメンタリー映像の撮影に挑んだグループはセンチネル族による矢の猛襲に遭い、撮影監督の太腿に2メートル半もの長さの矢が刺さった

【2006年】
カニを密漁していたインド人漁師2名が、船上で寝ている間に島に流れ着いてしまい、島民から矢で射られ殺害

インド政府は漁師らの遺体を回収をするためヘリコプターで近づこうとしたが、またもや弓矢を浴びて追い返され遺体回収は断念
センチネル族は、世界で唯一自分たちだけの島に住む未接触部族。

外の世界にあれほど強い敵意を抱いている理由は、彼ら自身にしかわからない。

もしかすると、1880年代に英国の植民地開拓者がこの島を訪れ、数人の島民を誘拐し、のちに英国で死なせてしまったことと関係があるのかもしれない。

行ったら必ず死ぬ立入禁止の島「北センチネル島」【都市伝説】 - YouTube

出典:YouTube

ポヴェリア島

ポヴェリア島

ポヴェリア島

イタリア・ヴェネツィアの潟にある島。ヴェネツィア本島の南、リード島の内側にある。面積は17エーカー。ポヴェーリアは、水路によって2つの部分に分けられる。
州: ヴェネツィア
隣接する水域: ラグーナ・ヴェーネタ

ペスト感染者は死者であろうと生存者であろうと隔離が基本ですが、当時、隔離病棟にポヴェリア島が使われた。

隔離といっても完全放置状態であったのは想像に難くなく、行けば2度と生きては帰れない死の島だったようです。
さらに20世紀初頭には隔離精神病棟も建てられ、精神に異常をきたした患者を隔離、幽閉する施設として使われ始めました。

するとこの精神病棟でまたまた悪い噂が立ち始める。

医者が自身の欲のために患者に非人道的な人体実験を行ったとか、
霊にとりつかれた患者が自殺をした、狂った医者が患者を拷問した、など
こうした歴史の為なのか、この島では不思議な体験をする者や、幽霊の目撃談などの報告が多数あり【世界一幽霊が出る島】として知られるようになったのです。
現在は、イタリア政府により立入禁止区域になっているとのこと

【閲覧注意】足を踏み入れると二度と帰ってこれない呪われた島「ポヴェーリア島」 - YouTube

出典:YouTube

ラスコー洞窟

ラスコー洞窟

ラスコー洞窟

フランスの西南部ドルドーニュ県、ヴェゼール渓谷のモンティニャック村の南東の丘の上に位置する洞窟である。先史時代の洞窟壁画で有名である。 ラスコー洞窟の壁画は、アルタミラ洞窟壁画と並ぶ先史時代の美術作品である。
所在地: Prehistoric Sites and Decorated Caves of the Vézère Valley
UNESCO 世界遺産登録: 1979年

かつては大勢の観客を洞窟内に受け入れていたが、観客の吐く二酸化炭素により壁画が急速に劣化したため、1963年以降から、壁画の外傷と損傷を防ぐため、洞窟は閉鎖。
現在は壁画修復が進む一方、一日に数名ごとの研究者らに応募させ入場・鑑賞させているほかは、ラスコーの壁画は非公開とされている。

スネークアイランド

ケイマーダ・グランデ島(スネークアイランド)

ケイマーダ・グランデ島(スネークアイランド)

ブラジル南部沖の大西洋に浮かぶ無人島。 サンパウロ州ぺルイベ市に属する。 小さいながらも環境は多様で、荒地から熱帯雨林まで存在する。 近絶滅種のゴールデン・ランスヘッド が世界で唯一生存する。
標高: 206 m
地域: 0.43 km²
場所: 大西洋
広域地方自治体: イタニャエン
州: サンパウロ州

サンパウロ近くの海岸から約33キロメートル離れた場所にあるこの島には、1平方メートルに1~5匹の毒ヘビがいるとか。
致死率90%という即効性のある毒液をもっていて、噛まれると傷のまわりの肉を溶けてしまうという。
無人島で海軍の許可なしでは近づくことさえできない毒ヘビだらけの島

猛毒蛇に支配された島「ケイマーダグランデ島」がヤバすぎる【都市伝説】 - YouTube

出典:YouTube

ブーベ島

ブーベ島

ブーベ島

南大西洋の亜南極に浮かぶノルウェー領の火山島である。2016年現在、無人島である。ケープタウンの南南西約 2,500 km に位置する。最も近い陸地との距離は 1,600 km であり、地理的に世界で最も隔絶した孤島である。島には無人の気象観測所がある。
面積: 49 km²
所在海域: 大西洋

南アフリカから南西に2400キロ離れた場所にある、90%以上が氷河に覆われた火山島。
平均気温はマイナス1℃。風速24メートル、ごつごつした荒い土地は、人を寄せつけず、探検家にとっても過酷な島。
隔絶した危険な島で、上陸するにはノルウェー政府の許可がいる。

カラチャイ湖

カラチャイ湖

カラチャイ湖

ロシア中央部のウラル山脈南部にある小さな湖でした。 1951年から、ソビエト連邦はカラチャイをオジョルスクの町の近くにある近くの核廃棄物貯蔵および再処理施設であるマヤクからの放射性廃棄物の投棄場所として使用しました。

別名、イレンコの熱い湖・テチャ川とも呼ばれる水の汚染レベルは、魚や哺乳類などの生物はもちろん人間が立ち入ってはいけない場所になっている。
その原因は、放射性物質の廃棄所として、この湖が使われたことによるもの。
1990年代では、この湖のほとりに1時間いただけで人間は死んでしまうほどの放射線を浴びるほどでした。
現在のカラチャイ湖はそのほとんどがセメントによって埋め立てられています。

死んでも泳いではいけない世界の湖 - YouTube

出典:YouTube

スルツェイ島

 スルツェイ島

スルツェイ島

アイスランドの南にある無人島。1963年に海底火山の噴火により出現した。日本の西之島と並んで、海底火山の噴火から新島を形成した典型例として有名である。なお、「スルツェイ」はアイスランド語で「スルトの島」を意味するため、正確には「スルツェイ島」は重複表現である。 ユネスコの世界遺産に登録されている。
標高: 155 m
面積: 1.4 km²
所属諸島: ベストマンナ諸島
UNESCO 世界遺産登録: 2008年

地球上で最も新しい島の一つ。
1963~67年に起きた海底火山の噴火によってできた。
ここは人類の影響を排し、生態系がどのように形成されるのか、その過程を記録するために自然保護区に指定された、特別な島なのだ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!

Twitterでウェブオピをフォローしよう!

関連する記事

【新型コロナ】後手に回ったWHO 中国への配慮見え隠れ

新型コロナウイルスの感染者数が12万人を超えて急増し続ける中、「パンデミック(世界的流行)」を表明した世界保…

隼総 / 780 view

カンボジアの“食堂!?”で料理を注文すると・・まさかの展開に驚愕!「え…本当ですか?…

カンボジアの食堂で料理を注文した女性。料理を食べていると、まさかの展開が・・・

GEN / 696 view

【新型コロナ】「中国の軍事研究者たちは、生物兵器開発に注力してきた」JAPAN Fo…

英語ニュース・オピニオンサイト「JAPAN Forward」は3月25日、「中国の軍事研究者たちはこの20年…

TONE / 906 view

「いま一番、心配しているのが日本」WHOの専門家・進藤奈邦子さん語る

「いま一番、心配しているのが日本」WHOの専門家・進藤奈邦子さん語る。

隼総 / 1301 view

【新型コロナ】「軽い咳」から1週間 フランスで16歳の少女が死亡

フランスで新型コロナウイルスに感染し、1週間ほど前に「軽いせきが出始めた」という少女が26日、16歳という若…

TONE / 1492 view

アクセスランキング

人気のある記事ランキング