ネパールで未だに残るの生理中の女性への風習

ネパールの多くの地域では、生理は「触れることができない」時期と考えられており、女性はこの間、人や家畜から離れて暮らすことが義務付けられている。
チャウパディの伝統は2005年、ネパール全土で違法とされたが、これが当局により実際に施行されることはまれだ。
女性をこうした隔離生活に追い込んだことで告発された人がいたとしても、3カ月刑務所に入り、30ドル(約3300円)ほどの罰金を受けるのみ。
この慣習によって毎年死亡者が相次いでおり、これまで多くの小屋が破壊されてきたにもかかわらず、生理中の女性はその他の形態での孤立を強いられている。
ネパール

ネパール

インドとチベットの間に位置し、寺院の他、エベレストがあるヒマラヤ山脈で知られる国です。首都カトマンズにある迷路のような旧市街には、ヒンドゥー教と仏教の寺院が数多くあります。カトマンズの渓谷周辺には、サルが住む仏教寺院として知られるスワヤンブナート、巨大な仏塔のボダナート、パシュパティナートのヒンドゥー教寺院や火葬場、中世にさかのぼる街バクタプルなどがあります。

なぜそういった風習があるのか?

太古の昔から、人々は「月経中の女性と接触すると、不運な目に遭う」と教えられてきたからだ。
「生理中の女性が自宅に入ると、3つのことが起こるんだよ。虎が出る、家が火事になる、家長が病気になる、っていうやつだ」

ランチョという名の農夫はこう説明する。
10年前、うっかり月経中の娘と出くわしたら数日間目が見えなくなったという話を長々とした。
「それはもう悪夢だったね」と彼は言った。
そのため生理中の女性たちは「不浄な存在」として牛や男性に触れることを許されず、家の中の食べ物を口にすることも禁じられた。

また、家のトイレや洗い場の使用も禁止

想像を絶する隔離小屋での生活・・

多くの場合、毛布や電気、窓、寝具、十分な食べ物や水は与えられない。
隔離期間中の女性らは山地の厳しい寒さに耐えなければならないだけでなく、野生動物からの攻撃からも身を守らねばならない。

しかも少女らは学校に行くことも許されないのだ。
更に不潔な状況下で隔離されるために感染症を起こすこともあり、外部から性的暴行を受ける可能性もある。
また隔離されている時期も殴られ続ける人が多く、置き去りにされて亡くなる人もいる。

ニュースになることも

・ネパールの警察当局は2月3日、生理を理由に粗末な小屋に隔離されていた女性(21)が死亡したと発表した。
たき火の煙を吸い込んだための窒息死とみられる。
・生理中の母親がヒンドゥー教の慣習に従って家や家族から隔離されていた小屋で2人の息子とともに死亡した。
・生理中の女性を隔離するヒンズー教の慣習に従い、屋外の小屋で過ごしていた18歳少女が毒蛇にかまれて死亡した。

2005年から行為を禁止しているが・・

統が違法とされてから長年たつが、人里離れた村ではこの慣習がいまだに日常的に行われている
ネパールの警察当局は2019年12月6日、生理中の女性を不浄とみなして隔離する風習により小屋の中で21歳の女性が死亡したことを受け、義理の兄弟に当たる男の身柄を拘束したと発表。

2005年に違法化されたこの風習で逮捕者が出るのは初めてとみられる。
この女性にチャウパディ用の小屋で過ごすよう強いた件に関わった疑いで、犠牲者の義理の兄弟を取り調べのために逮捕した」と述べ、「このようなケースでは初の逮捕者だと思う」と述べた。

この風習はインドにも存在する

インドやネパールでは未だに生理を“不潔”や“汚いもの”などと考える人が多く、「生理」という言葉はタブー
インドでは10人に1人の女性だけが生理用品を手に入れることができる
その理由は、生理用品がとても高額であるため。

しかし、数年前からアルナーチャラム・ムルガナンサムというインド人男性が、低コストのナプキン製造を始めて話題になっている。

彼は4年の歳月をかけて開発し、誰にでも購入できるようなナプキンを製造することに成功。

今、インドは生理の革命が起きている。

・パッドマンという映画で実写化

実話をもとにした映画『パッドマン 5億人の女性を救った男』
2018年12月7日に公開。

2000年代のインドを舞台に、発明好きのラクシュミカントが妻のために生理用ナプキンを開発するという物語

映画パッドマン【ネタバレなし】是非観て欲しい!女性の為に文化に挑んだ伝説の男!! - YouTube

出典:YouTube

過去には日本にも「隔離小屋」が存在していた・・

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!

Twitterでウェブオピをフォローしよう!

関連する記事

生徒が座る席に〇〇が・・!自宅学習のために講義を録画した教授が話題

生徒達が自宅学習できるように講義を録画した教授。席に〇〇が増えていく・・とネットで話題になっています。

GEN / 530 view

「WHOの「中国寄り」で新型コロナ感染拡大した」トランプ氏、WHOへの拠出金停止

トランプ米大統領は14日、ホワイトハウスで記者会見し、世界保健機関(WHO)への拠出金を停止すると表明した。

TONE / 185 view

「普段感謝されない人たちへ」ドイツ、メルケル首相の演説に国内外から称賛の声

「新型コロナウイルス」の感染拡大で各国が対応に追われ、外出禁止令が出ている国もあるなど強い不安に包まれていま…

GEN / 1676 view

新型コロナの感染拡大、9ヵ国が「日本への渡航抑制」

日本への渡航抑制を呼びかける国が増え、韓国やタイ、ブータン、イスラエルなど合わせて9カ国にのぼっている。米C…

TONE / 416 view

WHO テドロス事務局長「パンデミックの脅威は非常に現実的」

WHO=世界保健機関のテドロス事務局長は「パンデミックの脅威は非常に現実的になってきた」と述べ、世界的な大流…

TONE / 262 view

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のある記事ランキング