「ブルーライト」ってなに?

網膜に到達する光の中で、紫外線にもっとも近い強いエネルギーを持つ光が、ブルーライト。
デジタルディスプレイから発せられるブルーライトは、眼や身体に大きな負担をかける
厚生労働省のガイドラインでも「1時間のVDT(デジタルディスプレイ機器)作業を行った際には、15分程度の休憩を取る」ことが推奨されています。
ブルーライト

ブルーライト

ブルーライトとは、波長が380~500nm(ナノメートル)の青色光のこと。可視光線の中で、最も強いエネルギーを持つ光。ヒトの目で見ることのできる光=可視光線の中でも、もっとも波長が短く、強いエネルギーを持っており、角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達します。パソコンやスマートフォンなどのLEDディスプレイやLED照明には、このブルーライトが多く含まれています。

フランスの研究チームが「スマホ焼け」を解明

2014年に、フランスのニース大学の研究チームが、ブルーライトと日焼けの関係について論文を発表。

実験では、同じ強さ・同じ量のブルーライトと赤い光を、肌に当てて反応を比べた。
その結果、なんとブルーライトを当てた方だけ、お肌が色素沈着を起こしてしまったそうです。

▼POINT
⑴ブルーライトをあてると、1時間以内に肌が変色し始める
⑵その色素沈着が、3週間~3ヶ月残る場合がある
⑶高いエネルギーのブルーライトほど、肌の変色も濃くなる

画面の明るさは関係あるの?

スマホの設定画面から、明るさ調整もできるので、夜は画面の明るさを暗めに設定するといった方法も効果があります。
画面の色を調整する機能で、少し赤みがかった画面になり目への刺激の軽減とともに、顔への影響も和らげる効果が期待できる。
無料でインストールできる、スマホのブルーライト軽減アプリを使う手も。

iPhoneでは設定から「ブルーライト」軽減が可能!

⑴設定→画面表示と明るさ

⑵「Night Shift」をタップ

⑶「Night Shift」をオンにする時間を設定

時間が表示されている部分をタップし、Night Shiftモードにする時の時間を設定しましょう

▼POINT:「Night Shift」の色合いを変更する

暖色系になるにつれブルーライトが少なくなり目の負担が少なくなります

MAC OSのパソコンでも同様に設定可能!

⑴システム環境設定を開く

⑵ディスプレイをクリック

⑶「Night Shift」をクリック

⑷スケジュールから「Night Shift」の時間を設定

Androidでは無料アプリ「ナイトモード」がおオススメ!

⑴注意事項に目を通してください

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!

Twitterでウェブオピをフォローしよう!

関連する記事

【裏技】知らなきゃ損!マクドナルドをもっと美味しくお得に食べる方法!あまり知られてい…

手軽に食べられて美味しいマック。注文時に〇〇と言うだけで、もっと美味しくお得に食べられる裏ワザがあるんです!

そんたん / 6918 view

【レンチン5分30秒】栄養満点「ムネ肉やわらか香味ソース漬け」が最強に美味しい!!

栄養満点「ムネ肉やわらか香味ソース漬け」が最強に美味しい!!

しのぶ / 634 view

今年もヒットの予感!?快適に過ごせるニトリの有能アイテム

お値段以上ニトリ♪ ニトリには有能なアイテムがたくさん発売されています。枕・クッション・毛布・ぬいぐるみなど…

Riiko / 4878 view

家でカフェを開いた奥さん、新型コロナの影響で値段が高騰し・・・ネットでは「ぼったくり…

新型コロナウイルスの影響で、収入減対策しようと奥さまが家の中でカフェ開いたそうなんですが その値段設定がとん…

TONE / 1036 view

アクセスランキング

人気のある記事ランキング